レズビアン同性愛者の人がノーマル女性を好きになったらどうしたらいいか?

レズビアン同性愛者は全体の割合に対して、ノーマル女性よりは少ないことが統計でわかっています。そのため好きな人を見つけても、どうすればいいのか迷ってしまうことがあります。迷う理由として、同じレズビアンであれば気持ちを受け入れてもらえる可能性がありますが、ノーマル女性の場合は恋愛対象が男性になるので、受け入れてもらえる可能性は低いからです。しかし外見だけではレズビアンなのかノーマルなのかを判断することはできませんし、同性愛者であるかを公に公表している人はほとんどいません。そのため自分は恋愛対象にならないと最初から諦めるのではなく、まずは好きになった女性と友達になることから始める必要があります。友達になったら、相手の恋愛観を知ることができますし、恋愛対象となるのが同性か異性かを判断することができます。ノーマル女性は異性しか好きにならないと思いがちですが、実は必ずしもそうではありません。最初は異性が恋愛対象であると思い込んでいても、魅力的な人と出会ったら性別は関係ないと考える人が増えているからです。そのため好きになった女性がノーマルだからといってすぐに諦めるのではなく、相手が自分に友達以上としての好感を持ってもらえるように、さりげなくアプローチをすることが重要です。ここで注意をしておきたいのが、ノーマルな人が同性に過度にアプローチをされると、未知の領域に入り込むようで恐怖を感じることがあります。怖いと感じさせてしまったら、その気持ちが恋愛感情に発展することは難しいので、アピールをするときも節度を持って行うことが大事だといえます。友達になって交流を深めていき、自分がレズビアンであることを告白したときの好きな人の表情を観察します。そこで拒否感を持っていないように見えたら、同性愛に偏見を持っていないと判断することができますし、自分の気持ちを受け入れてもらえる可能性も捨てきれません。ノーマルであっても同性愛要素を人間は持っているという分析もありますから、好きなら簡単に諦めずに自分の良いところをアピールしましょう。
自分がレズビアン、つまり同性愛者だとわかったら、まずは落ち着いて客観的に見つめることが大切です。
誰かに打ち明けたとしても、それがよい結果になるとは限らないので、最初は自分の中で咀嚼する必要があるでしょう。
どうすればいいかわからない時は特に、焦ってよくない事態を引き起こさないように注意が不可欠です。
信頼できる友人であっても、突然レズビアンだと打ち明けられれば戸惑うので、しばらくの間は隠しておくことをおすすめします。
ただ、何時までも隠し通せるわけではありませんし、黙っていることで息苦しく感じたり、孤独に苛まれるケースも少なくないです。
そこで、改めて自分が同性愛者だと確認したら、同じ性的な傾向を持つ人と交流を図るのが一つの方法です。
同性愛者は皆、それぞれ少なからず孤独を抱えているので、レズビアン同士の交流の機会が多かったり、横の繋がりが強いコミュニティも存在します。
参加するしないは自由なので、自分の存在を仲間に知って欲しいと感じたり、悩みを相談したくなった場合は、レズビアンのコミュニティを頼ってみるのがよいでしょう。
他にも、匿名で相談できるインターネットのサービスを利用したり、SNSで同性愛者の友人を募るのもありです。
自分がレズビアンの同性愛者だとわかっても、だからといって特別なことはなにも必要なく、どうすればいいか悩むのも不要なわけです。
しかし、それでもどうすればいいか悩むのが人間ですし、身近な人に理解してもらえないのは辛いものです。
自分のことが客観的に見えて、将来的に打ち明ける気持ちになった時は、家族や友人にカミングアウトするのもありでしょう。
感情が先走ったり、不安感に耐えかねて打ち明けるのは失敗のもとですから、自分がレズビアンだとわかったら冷静になることが重要です。
直ぐに自分の中で納得できないとしても、時間が解決してくれたり、考え方が変わって気持ちが楽になるケースもあるので、焦る必要はないといえます。
一昔前の日本では考えられなかったのですが、ここ最近では、レズビアン同性愛者が周囲にカミングアウトすることも増えてきています。
レズビアン同性愛者が周囲にカミングアウトをすることで生じるメリットやデメリットの双方を紹介していきましょう。
まず、メリットとしては「自然体の自分でいられるようになった」ことが大きいでしょう。
異性や同性から「彼氏はいるの?」「誰か紹介してあげようか」と聞かれたときにでも、レズビアンであることを隠しているときには、適当にごまかしたり、答えに困ったりすることもあるでしょうが、カミングアウトした後は堂々と「女性の彼女がいる」ということを話せるようになります。
女子にありがちな「恋バナ」も積極的にできるようになるので、周囲とコミュニケーションが取りやすくなるかもしれません。
また、「本当のことを言わなくてはいけない」と嘘をついている自分に対して罪悪感を感じることもなくなります。
反対にデメリットとしては、人によってはあなたに対する態度に変化がある人もいます。
これは、一種の「偏見」のようなものであって、仲良くして居た相手であっても個人の価値観として「ありえない」と感じてしまった場合には、嫌われてしまったり、はなれていくこともあるでしょう。
残念ではありますが、その時は、「それだけの関係だったのだ」と諦めることも必要です。
さらには、悪質な場合では「いやがらせ」「いじめ」などに発展していくこともあります。
学校や職場などのコミュニティでは特にその傾向が強くなっているので、カミングアウトがしたい人は、自分の周囲にどんな人がいるのかということを考えながら慎重に行うことも大切です。
このように、レズビアン同性愛者が周囲にカミングアウトすることで、メリットやデメリットの双方があることがわかりました。
個人の自由ではありますが、よく考えてから実行に移すことで後悔のない選択となるでしょう。
しかしながら、あなたが付き合っている人たちが本当にアナらのことを理解して、愛しているのならば、同性愛者であっても、そのままのあなたを好きでいることは間違いありません。
日本では少しずつ認められつつある世界ではありますが、まだまだ、住んでいる地域によっては古風な考えを持っている人が多いこともあります。
「全ての人に理解してもらうことは難しい」ととらえておくことも、自分にとって精神的な負担にならない方法の一つでもあるでしょう。
自分がレズビアンだと確信をしていたとしても、周囲にカミングアウトが出来ずにいる人もいます。
友人などには薄々感づかれていているのであれば、カミングアウトをせざるを得ない状況になっていたかもしれません。
しかし友人には伝えることが出来ても、家族や両親にはなかなかカミングアウトすることが出来ない事でしょう。
カミングアウトをすることによって何を言われるかわかりませんし、どんな反応をされるのかを考えただけでも怖いはずです。
どんな反応をされるのかが怖かったとしても、いずれは伝えたほうがいいはずですが、どの様なメリットやデメリットがあるのでしょうか。
自分が同性愛者であるということを伝えるメリットは、心の負担を軽くすることが出来る点があります。
今まで親からなぜ恋人を家に連れてこないのかとか、結婚はいつになったらするのかといわれ続けていた場合、どうやって言い訳をすればいいのかと毎回悩まなくてはなりません。
しかし同性愛者だから異性とは結婚をする気持ちがないということを伝えれば、親から結婚をしなさいと言われることはなくなるでしょう。
親にいつまでも自分を隠して嘘をつき続けるというのは、心苦しい気持ちがあったはずですが、きちんと自分自身のことを伝えることが出来れば、もう嘘をつき続けることはないという気持ちになることが出来ます。
長い間隠し事をしているという罪悪感から逃れられるという点は、大きなメリットになるはずです。
デメリットの面で考えてみると、家族や両親から理解を得ることが出来ずに、悲しませてしまう可能性もあるということがあるでしょう。
孫の顔をみたいと願っていた親の気持ちをかなえてあげることは出来ませんし、今まで築いてきた親子関係が崩れるきっかけになってしまうかもしれません。
今まで通りの親子関係でいることが出来ないのであれば、家族は離れ離れになってしまいますし、縁遠くなってしまうこともあります。
なかなかレズビアンに対して理解を示してくれない人も多いですので、一番大事な家族に理解をしてもらえないというのは、悲しい事でもあります。
カミングアウトをするかどうかは、自分の判断で行っていくしかありませんが、どんな結果になるかはわからない部分もあるので、伝え方にも注意をした方がいいでしょう。
いきなり伝えるのではなく、理解を得られるように徐々に伝えていくようにした方が、家族も驚かずにすむようになり、理解を得やすいはずです。
同性愛者というと、何か別の次元の人のように感じる人や世代もいますが、彼らは勿論私達と同じ普通の人間です。ただ恋愛感情を持つ相手が異性ではなく、同性である、ということだけです。しかしそれが故に特に恋愛相談においてや、自分がレズビアンであることについての悩みの相談は、どこでもだれにでも気軽に出来るわけではありませんよね。
悩みを話してしまったがために、昨日まで友達だった人達から避けられたりののしられたりすれば心にはかなり大きな傷が残ってしまうはずです。そんな事態を避けたいがために、誰にも相談できずに心に秘め、しんどくなってしまう人もたくさんいるのです。では、心を軽くするために、どこのだれなら相談に乗ってくれるでしょうか。
勿論、今まで付き合いがあった友達を相談相手にするのも良いでしょう。友達本人が同性愛者ではなくても、特に偏見のない人であれば「そうなんだ」と受け入れて貰える可能性は高いのです。しかし人は誰でも秘密を持っていると話したくなるものですし、面白半分でなくても人に話してしまうことも有りえます。そういった時のために相談するのであればより人数を絞る必要がありますし、一人ずつに徐々に明かしていくことや、誰が同性愛者に偏見を持っていないかを探る過程も必要になります。それは長く苦しい道のりになることが多いので、おすすめするのはLGBTの人々のための公的もしくは私的な相談場所です。
例えばインターネットで「レズビアン」「話」などを検索すればすぐにヒットしますが、電話やメールによるLGBTのホットラインがあります。都道府県によっては企画センターなどでも相談を受け付けてくれるところはあります。弁護協会などでも受付しているところはありますので、一人で悩みを抱えて重く辛くなりすぎてしまう前に、1度電話をしてみましょう。偏見をもたず、普通のこととして話を聞いてくれる人がいるだけで、毎日はきっと軽やかになりますよ。
ここ数年で日本国内でも巻き起こっているLGBTQの認知度の高まりから、自らセクシャルマイノリティであることを公言するのは決して珍しくはない光景となりました。
これまでは自身の性的志向を偽りストレートであるかの如く振る舞い、異性とお付き合いをしながら疑問を持ち続けていたカップルも少なくありませんでしたが、もはや偽る必要も無くなり自由な恋愛を楽しめる時代に変化しつつあります。
そんな中でレズビアン同性愛者同氏がパートナーと出会う方法はどんなことがあるのか?と考えるケースも増えています。
かつては飲食を提供しつつ出会いが待っているお店が密かにオープンしており、専門誌に小さく広告が掲載されていたり、先輩後輩の間で語り継がれて来ました。
そのお店に行けば同性愛者のパートナーを求める人々が集い、飲食とおしゃべりを楽しみながら理想の相手を見つけるという、現代で言うところの出会い系バーの原型のような姿がそこにはありました。
その一方でインターネットの世界に目を移すと異性のパートナーを見つけられるマッチングアプリのサービスが全盛で、好みの年齢や趣味、職業、居住地などを設定して検索すれば、その条件に一致する理想の相手がリストアップされ、気に入った人物がいればアプローチし、相手が応じてくれたらマッチングが成立して1対1のチャットなどで直接会話ができるようになります。
おしゃべりを楽しみ意気投合したら連絡先を交換したり、実際に会う約束をして本格的な交際がスタートするという流れです。
これらのサービスは気軽に利用できるにも関わらず相性が抜群の相手と出会えることから大好評となり、1つのサービスで数百万人から数千人の登録者数を誇る成長産業のひとつとなりました。
しかし、それらのサービスはあくまでも異性のパートナーを見つけるものであり、同性愛者はその優れたシステムを理解しつつも蚊帳の外であることに興醒めしていたのも確かです。
そんな中で、同性愛者の方も参加できるマッチングアプリが登場し、新たな選択肢となっています。
従来型のマッチングアプリならば、ストレートを装って利用し理想の相手を見つけてから徐々に自身の素性を明らかにして、相手がありのままの自分を受け入れてくれるのか、残念ながらお別れするのかの賭けに出る方がほとんどでした。
一方の同性愛者の方も参加できるマッチングアプリでは、はじめから同じ目的の会員が集まることから性的志向について気兼ねなく相手にアプローチすることが可能で、見事にカップルとして成立したレズビアンの方も増えています。
パートナーを探そうとしても、スムースに見つからないことも珍しくないと言われています。
特定の相手と出会うには時間がかかる傾向にあるので、早めにいろいろな場所に参加した方が結果を出せることが多いです。
なかなか魅力的なパートナーが見つからないなら、複数の方法にチャレンジするといいかもしれません。

レズビアンの人が恋人を探すためのサポートを行っているサービスもあるので、一度検討するといいかもしれません。
出会い系の中にはさまざまなジャンルの人が参加していることが多いため、同性愛の人が集まるところもあります。
普段の生活ではなかなかパートナー探しがはかどらない人でも、出会い系も選択肢に入れることで活動がスムースにできるかもしれません。
同じような出会い系でも同性愛に特化したところを見つけると、次のステップまでが早くなるので将来のことも考えて動きやすくなります。
初めて同性愛向けの出会い系をチェックするときは、選び方のポイントを見つけるといいかもしれません。

同じ目的を持った人が参加していてもレズビアンの利用者が少ないと、マッチングが円滑にできないことがあるので注意した方がいいです。
本格的に利用する前に積極的に活動しているレズビアンの数を確認して、マッチングがスムースにできるか判断します。
数字上はレズビアンが多くても実際に行動している人数が少ないと、交際まで発展しないことがあるので気をつけた方がいいです。
参加者が多く相手探しが活発なところを見つけたら、利用者からの評価を確認します。

積極的に利用されている出会い系でも同性愛の人からの評価が低いと、満足できる結果を出せないことが少なくありません。
とくに真剣にパートナー探しをしている割合が少ないと、その後の関係まで構築できないことがあります。
そのため口コミをチェックして、レズビアンからの評価が高いところか判断するといいかもしれません。
同性愛に特化しているところの中から自分が快適に活動できるところを見つけます。
初めて相手探しをするときは円滑にできないこともあるので、機能が充実しているかも確認した方がいいです。
いろいろな参加者の中から自分好みにあった相手を見つけられるか確認します。
複数の選び方のポイントをチェックしてから使った方が、長期間安心して利用できることが珍しくありません。
長期的に活動したいなら信頼できるところが提供している場所を利用するといいです。

-----------------
「レズビアン」同性愛者(同士)がよくする「セックス」「プレイ」は?

レズビアンなどの同性愛者のセックスは、お互いの気持ちいい場所を的確に突いてくるためかなり気持ちいいです。例え、今まで抵抗があったとしてもヤミツキになってしまう人も多いかもしれません。
「レズビアンだけれどもセックスはまだ」「レズビアン同士がよくするセックスのプレイは?」と疑問に思っている人もいるかもしれませんね!そこでレズビアン同士がよくするセックスプレイをご紹介します。

●スローセックス
男性に、入れて→突かれて→出されて→おわり。というあっさりとしたセックスプレイをされ、物足りなさを感じた経験がある人もいるのではないでしょうか。
レズビアン同士のセックスは男性とするような激しさはありませんが、じっくりと時間をかけ、ゆっくりと気持ちよくなっていくのが醍醐味です。
挿入を楽しむのではなく、手や舌を使ってお互いが気持ちよくなっていきます。女性ならではの丁寧な動きに感動してしまうこともあるでしょう。レズビアン同士のセックスプレイは基本的にスローセックスなのです。

●正常位で攻める
正常位はお互いの顔が見やすく、攻める側もプレイしやすい体位です。指を入れたり、ローターなどのおもちゃで攻めてみたり。相手の反応を楽しみながら行えます。

●シックスナイン
シックスナインでお互いを攻め合います。女性同士であるためどこを舐めればいいかがわかりやすいのもレズビアンならではでしょう。マンコに舌を入れてみたり、指を入れながらクリトリスを舐めたりして楽しみます。

●レズ用バイブを使う
ローターに慣れてきたらバイブを使ってみましょう。レズビアン用に両方に亀頭の付いたものがあります。バイブをお互いのマンコに根元まで挿入し、クリトリスを擦り合わせると気持ちいいですよ。またお尻を突き合わせてバイブを挿入し、バックのように突き合うのもまた違ったスリルを味わえます。

●ペニパンを使う
バンドにペニス型のティルドやバイブがついているおもちゃです。これを攻めの腰あたりに固定して挿入することで、まるで男女間のようなセックスが体験できます。しかしこれを使うのであれば、普通に男性とのセックスでもよいのでは?と疑問も残ります…。

●貝合わせ
レズビアンでは定番のプレイです。お互いのマンコを擦り合わせて気持ちよくなるプレイですね。擦るときはクリトリスが擦れるよう大きく腰をくねらせると気持ちよさがアップします。マンコとマンコの間にバイブを挟み込み、お互いがバイブに擦りつけるようにする方法もあります。かなりマニアックですが、そのまま放尿するのもアリです。
向かい合ってやるにもいいですが、お尻を突き合わせてお互いの脚を抱えるようにして擦り合わせるのも違った刺激を感じられます。

●まとめ
レズビアン同士のセックスには男女間には魅力がたくさん詰まっていますね。お互いが主導権を握りやすいというのも大きな魅力なのかもしれません。レズビアン用のおもちゃも種類が多いので、いろいろ試してみたいですね!

トップページ レズビアン出会い レズビアン風俗