レズビアン同性愛者がパートナーと出会う方法は?

笑顔の女性


ここ数年で日本国内でも巻き起こっているLGBTQの認知度の高まりから、自らセクシャルマイノリティであることを公言するのは決して珍しくはない光景となりました。

これまでは自身の性的志向を偽りストレートであるかの如く振る舞い、異性とお付き合いをしながら疑問を持ち続けていたカップルも少なくありませんでしたが、もはや偽る必要も無くなり自由な恋愛を楽しめる時代に変化しつつあります。

そんな中でレズビアン同性愛者同氏がパートナーと出会う方法はどんなことがあるのか?と考えるケースも増えています



かつてはレズビアン出会い系バーがあった


かつては飲食を提供しつつ出会いが待っているお店が密かにオープンしており、専門誌に小さく広告が掲載されていたり、先輩後輩の間で語り継がれて来ました。

そのお店に行けば同性愛者のパートナーを求める人々が集い、飲食とおしゃべりを楽しみながら理想の相手を見つけるという、現代で言うところの出会い系バーの原型のような姿がそこにはありました。

今はレズビアン出会いサイトが全盛期


その一方でインターネットの世界に目を移すと異性のパートナーを見つけられるマッチングアプリのサービスが全盛で、好みの年齢や趣味、職業、居住地などを設定して検索すれば、その条件に一致する理想の相手がリストアップされ、気に入った人物がいればアプローチし、相手が応じてくれたらマッチングが成立して1対1のチャットなどで直接会話ができるようになります。

おしゃべりを楽しみ意気投合したら連絡先を交換したり、実際に会う約束をして本格的な交際がスタートするという流れです。

これらのサービスは気軽に利用できるにも関わらず相性が抜群の相手と出会えることから大好評となり、1つのサービスで数百万人から数千人の登録者数を誇る成長産業のひとつとなりました。

しかし、それらのサービスはあくまでも異性のパートナーを見つけるものであり、同性愛者はその優れたシステムを理解しつつも蚊帳の外であることに興醒めしていたのも確かです。

レズビアンが出会える出会いサイトが登場


そんな中で、同性愛者の方も参加できるマッチングアプリが登場し、新たな選択肢となっています

従来型のマッチングアプリならば、ストレートを装って利用し理想の相手を見つけてから徐々に自身の素性を明らかにして、相手がありのままの自分を受け入れてくれるのか、残念ながらお別れするのかの賭けに出る方がほとんどでした。

一方の同性愛者の方も参加できるマッチングアプリでは、はじめから同じ目的の会員が集まることから性的志向について気兼ねなく相手にアプローチすることが可能で、見事にカップルとして成立したレズビアンの方も増えています。


トップページ レズビアン出会い レズビアン風俗 レズビアンコラム